d3ddc211.png



「大乱闘スマッシュブラザーズ  SPECIAL」 発売日が12/7に決定 参戦ファイターまとめ動画

 


c92637de.png

6afd747b.png

eb8ccd6a.png










 

e0bfa8df.png




さらにSwitch向け『ゲームキューブコントローラ』も発売決定


809919

「Nintendo Direct: E3 2018」にて、ニンテンドースイッチ向け
「ゲームキューブコントローラ」が発表。
具体的な仕様については不明ながら、
Switch版『大乱闘スマッシュブラザーズ』発売に合わせてのリリース決定は
間違いないので、Switch『スマブラ』を快適にプレイしたいユーザーは要チェック!


Switch版「スマブラSP」 変更点まとめ



【アクションに関する変更点】
・空中回避は少し動けるように。
・地上、空中含め、回避を使いすぎると、無敵時間が短くなっていくように。
・Aボタン+ジャンプボタンで、小ジャンプ攻撃をいつでも出せるように。
A+Bボタンでスマッシュ攻撃を出せるのは前作と同様。
・ジャストシールドは、シールドボタンを放したときに出るように変更。
リスクが大きくなるため、しっかり狙って使う必要がある。
・1on1では、多人数戦のときよりも受けるダメージ量が大きくなった。
これにより、対戦のテンポ感が上がる。
・タイム制において、もっとも得点を取っているファイターが、たまに光るように。

【全ファイターに共通の変更点】
・最後の切りふだは、全員スピーディーに終わるように変更。
また、変身してふつうの攻撃をする切りふだは全面撤廃。
・1on1における強力な打撃にはスロー演出がかかる。
・ファイターたちの表情がより豊かに。

各ファイターについて
インクリング
相手にペイントをすると、相手がふだんよりも大きなダメージを受けるようになる。
スマッシュ攻撃や必殺ワザで、スプラシューター、スプラッシュボム、スプラローラーなど
一部の武器を使用可能。最後の切りふだではメガホンレーザーを使用。
インクが切れることがあるが、シールド中にBボタンで補充できる。
ガールだけでなくボーイも選べる。コスチューム8種で、それぞれインクの色も異なる。
アシストフィギュアにシオカラーズも追加。ライブにより画面がどんどん近づいてくるため、
ミスになる範囲が狭くなっていく。

マリオ
使いやすさは相変わらず。少しだけ最新作のネタが入っている。
ウェディング姿、ビルダー姿のマリオも登場。
リンク
『ブレス オブ ザ ワイルド』英傑の服で登場。バクダンはリモコン式に。
最後の切りふだは古代兵装の弓矢。2Pカラーで、息吹の勇者も選べる。
アイスクライマー
ふたりでひとり。ナナを倒されたらピンチなので、仲よくしましょう。
アイク
『スマブラX』では『蒼炎』版、『スマブラ for』では『暁』版だったが、
今回は両方使用可能に。声はこっそりわずかに演技分けがされている。
ピカチュウ
しっぽがハート型のメスのピカチュウが入った。じつはマスク・ド・ピカチュウもメス。
フォックス
デザインは『スターフォックス ゼロ』風に一新。最後の切りふだはかなり変更。
ファルコ
最後の切りふだは、統率の取れたフォックスとは異なり、入り乱れて飛ぶ。
ランドマスターは廃止。
リュウ
1on1で戦っているときに限り、原作同様、相手の方向を向きっぱなしになるようになった。
コマンド暴発が減るはず。
サムス
溜め系のワザは、空中でも溜められるように。ジャンプや回避でキャンセルできるが、
相応のスキが生まれる。
マルス
マーベラスコンビネーションがかなりスピーディーになり、もりもりつながる。
ロイやルキナもも同じ。声はひさびさに新録している。
スネーク
10年ぶりの登場。シャドーモセス島ステージも復活。
デデデ
最後の切りふだは金網デスマッチ風で、ミサイル放射からのジェットハンマーアタック。
ピチュー
『スマブラDX』からの復活ファイター。電撃はみずからにもダメージを与えるので注意。
ゼルダ
『神々のトライフォース』のデザインに。元気があってかわいい仕上がりになっている。
最後の切りふだは、“知恵のトライフォース”という封印ワザ。
ソニック
スーパーソニックは、そのイメージ以上のスーパースピードに。とにかく速い!
パックマン
負けじとスピードアップ。画面の端から端へループする。
ポケモントレーナー
ゼニガメ、フシギソウ、リザードンを連れて帰ってきた。戦闘中にポケモンを
切り替えることもできるが、切り替えなくてもデメリットはない。
女の子トレーナーも選べるように。
キャプテン・ファルコン
1on1における強力な打撃にはスロー演出がかかる(キャプテン・ファルコンに限らず)。
指折りのアクシデントステージ“ビッグブルー”が復活。
クラウド
今回も『ファイナルファンタジーVII』オリジナル版と、
『ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン』版の2種類から選べる。
画面下方に、つねにリミットゲージを表示するように。
ルフレ
サンダーソードや魔道書の寿命が表示されるように。
むらびと
男女8人のパターンがある。アイテムや飛び道具を拾っていることが表示され、わかるように。
クッパ
ギガクッパの攻撃がかなり変わった。『ヨッシーアイランド』のクッパのような巨大さに。
Mr.ゲーム&ウォッチ
ゲーム&ウォッチの各種攻撃を使うが、見た目を原作よりに。より激しく変化が楽しめる。
こどもリンク
『スマブラDX』以来の参戦。リンク3人(リンク、こどもリンク、トゥーンリンク)が
揃いぶみするのは初。
ウルフ
10年ぶりの登場。デザインは『ゼロ』をベースに一新。各種要素もだいぶ変わっている。
カービィ
いつも通りの“丸さ”だが、ストーン能力にひとネタ加えてある
(『BotW』の宝箱型のストーンになったり?)。全員分のコピー能力があるので、
ファイターが過去最高に多い本作では、開発にはたいへんな苦労が。
シュルク
モナドアーツの切り替えは、従来の“ボタンで送る”形から、“ボタン押しっぱなしで
ダイレクトに選ぶ”方式に変更。サッと切り替えられて便利。フィオルンも登場する。
ガノンドロフ
とくに人気の『時のオカリナ』時代のデザインに。“魔王ガノン”に変身する。
Miiファイター
頭身が少し上がった。格闘タイプ、剣術タイプ、射撃タイプの3種類それぞれ、
アクションを強化。声は12種から選べるように。ネット対戦に対応することを検討中。
ピット
最後の切りふだは、前作では三種の神器だったが、今回は光の戦車に搭乗する。
ゼロスーツサムス
最後の切りふだは、前作はコックピット視点だったが、
今回はサムスのパワードスーツをまとってのレーザー照射に。
ピクミン&オリマー
ダメージを加えられると、頭の風防にヒビが入るように(すぐに直る)。
ベヨネッタ
『1』と『2』のコスチュームがあり、それぞれでよく聞くと銃の発射音なども少し違う。
ロダンもアシストフィギュアとして登場。最後に武器をくれることも。
ワリオ
最後の切りふだのワリオマンを大きく変更。
ドンキーコング
最後の切りふだは、従来のタルコンガではなく、ジャングルビート的な連続パンチに。
表情がより豊かに。
リトル・マック
最後の切りふだは、変身系ではなく、ギガマックによるラッシュに。
ネス
ポーラとプーが応援してくれる。ジェフはアシストフィギュアとして続投。
リュカ
クマトラとボニーが応援してくれる。
Wii Fit トレーナー
顔がけっこう変わっている(原作スタッフ側の要望に基づいたもの)。
ロックマン
ロックマンのステージは、前作3DS版、WiiU版のギミックを統合。
最後の切りふだでは、ブルース、フォルテが支援してくれる。
パルテナ
必殺ワザは各1種類に絞った。↓必殺ワザは、反射板とカウンターを兼ねたものに。
ロボット
脊椎の部分に、ホバーの残り燃料を表すゲージが追加された。
ルキナ
ブラックピット
基本的な体術がほかのファイターをもとに作られている“ダッシュファイター”。
デイジー
ピーチのダッシュファイター。仕様はおおむねピーチと同じだが、
キャラクター性はだいぶ異なる。


style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-1812229467799285"
data-ad-slot="7950113227">